“魚の美味しい街・福岡”から皆様の食卓へ喜びと感動を!!

業務紹介

鮮魚加工場

福岡は海に向かって開かれた街であり、古くから中国や韓国をはじめとするアジア諸国との海外交流の窓口として発展してきました。福岡市中央卸売市場鮮魚市場は、国に指定される特定第三種漁港の「博多漁港」を擁した全国でも屈指の産地市場であり、かつ西日本有数の消費地市場でもあります(産地市場と消費地市場の両面の機能を備えている全国的にみても珍しい市場です。)。
玄界灘、日本海や東シナ海などの豊かな漁場で獲れた新鮮な魚介類が、九州・西日本各地から集まり、年間約300種類の豊富な魚種を取り扱う全国でも有数の鮮魚市場で、福岡市都市圏をはじめ関東・関西など全国各地へ魚を供給しています。

独自の仕入ルート

福岡市場では、地元有力仲卸と連携して常に新しい原料や情報のやり取りを行っています。
また、長崎・大分・鹿児島の市場仲卸とも取り組みを強化し、直送ルートを構築してより良い安定した原料仕入ができるよう努めています。

品質管理

HACCPシステムを導入しており、安全で高品質の商品づくりを高いレベルで追及しています。
HACCP(Hazard Analysis and Critical Point 「危害要因分析重要管理点」)
HACCPによる衛生管理は、各原料の受入から製造、製品の出荷までのすべての工程において、食中毒などの健康被害を引き起こす可能性のある危害要因(ハザード)を科学的根拠に基づき管理する方法です。

弁当製造

「毎日新鮮な鮮魚を仕入れているが、天然魚はふぞろいでお客様のご注文に対して規格外になるものがどうしてもでてしまう」「素材はいいからB級品扱いしたくない」そんな思いで「もっと手を加え、形を変え、付加価値の高い商品を作ろう」と魚屋にしかできない弁当作りをスタートしました。

鮮魚加工で培った品質管理手法

弁当は、加熱調理済みとはいえ開封後は即食される商品ですので高いレベルの品質管理が必要です。
鮮魚加工、生食用商品の製造と同じ手法で管理しています。

現在は、福岡空港や博多駅で販売される魚弁当、ドーム球場で販売される地元球団の人気選手の弁当などを企画・製造しています。

通販事業

運営サイト オンラインショップ 魚々や玄天

100%自社製造しています

百貨店やカタログで好評の100%自社製造の商品を全国のご家庭向けにネット販売を行ってます。
原料を厳選し、ご注文いただいてから仕入をするなど(一部商品)素材に徹底的にこだわった商品を手作りしています。